インテリア

二段ベッドは長い目で見て購入を検討しよう

メリット尽くしの家具

ベッド

すのこベッドは通気性が良く衛生面からもオススメのベッドです。上のマットや布団を変えて、夏は涼しく冬は暖かくすることもできます。定期的に布団やマットを干し、クリーニングもできるので清潔に使えます。

詳細へ

机選びは慎重に

勉強する子供

学習机選びは、安易に子どもの喜ぶキャラクターものを購入しないようにしましょう。家に合うサイズか、子供の成長に合わせて組み換えや椅子の調整ができるのか、チェックして検討するのが失敗しない選び方です。

詳細へ

ベッド選びは先を見て買う

家具のおもちゃ

兄弟が小さいうちに使う二段ベッド。上下二段になっているので、子ども部屋の狭いスペースにも起きやすく、重宝されます。しかし、購入するときには、高さなどの調整ができる二段ベッドを選びましょう。長く使うものなら、高さの調整と2つのベッドへの分解可能かが重要です。子どもの成長は早いので、高さの調整ができないと狭くなってしまうこともあります。また、小さな子どもにハイタイプのベッドを選ぶと、寝ぼけて転落する恐れも考えられるので、落ちてもケガしない高さへの調整も検討する必要があります。小さいころは低く設定しておき、成長に合わせて高さの調整をすると良いでしょう。さらに成長して、各自の部屋を持つようになれば、二段ベッドを分解して2つのベッドにして利用すると良いでしょう。2つに分けられるなら、各自の部屋に配置することもできます。こうした成長後の使い勝手を考えて選ぶことで、長く使える二段ベッドを探すことができます。そのほか、注意するポイントとしては、丈夫で長持ちするかです。衛生的にも掃除しやすいデザインなのかもチェックしましょう。掃除するときにマットは干せるのか、ほこりのたまりやすい隙間など掃除しにくいスペースはないか確認してから、購入すると良いでしょう。ささくれや劣化が起きにくい素材なのか、丈夫で成長後の子どもの体重なども支えられるか耐久性も購入前に確認しておくと、失敗なく長く使える二段ベッドを購入できます。

ロータイプのインテリア

和室

手狭な一人暮らしなら、ちゃぶ台などのロータイプ家具で部屋をコーディネートすると良いでしょう。背の低い家具で統一すると部屋が広く見えます。昨今ではオシャレなちゃぶ台も多いので、イメージで探してみましょう。

詳細へ